外壁塗装なら摂津市、吹田市の具志堅塗装へ

メール 問合せ
電話 問合せ
ブログ

摂津市の住宅リフォーム補助金!もらえる条件を紹介

 

 

住宅リフォーム補助金とは

摂津市では、多世代が地域で交流する、もしくは安心して暮らすために助成金を導入しています。

摂津市内で新たに同居、あるいは近居するために、子世帯や親等が今ある住宅のリフォーム工事をした世帯を対象に住宅リフォーム助成金を配っています。

子世帯とは、中学生終了までの子どもがいる世帯と、二人とも45歳未満の夫婦世帯を指します。

親等とは、先ほど説明した子世帯の父母や祖父母のことです。

住宅リフォーム補助金をもらうための条件はありますが、摂津市で同居する人や近居する人は、この補助金を使うことでお得に工事を実施することが可能です。

リフォーム工事であれば、新築、中古、一戸建て、マンションなどのいずれも対象です。

外壁の修繕などをリフォームすることで、25万円を上限に助成金が受け取れます。

住宅リフォームに要した経費の2分の1まで、補助金が出ます。

令和5年度分の補助金の申し込み可能な期間は、令和5年4月1日から令和6年3月15日です。

住宅リフォーム補助金を受け取る条件

摂津市で住宅をリフォームした人全員が住宅リフォーム補助金を受け取れる訳ではありません。

補助金の交付を受けるためには、補助対象者、補助対象住宅、補助対象工事の3つの条件を満たすことが必要です。

この3つの条件を満たしていない人は、補助金を受けとることはできません。

親世代との同居を考えている方は、条件を満たしているかどうかしっかり見ておきましょう。

補助対象者の1つめは、親や祖父母が摂津市内に居住しており、元々市外に居住していた子世帯が、同居などを目的に市内の住宅をリフォームした人です。

同居や近居が目的なので、リフォーム工事が終了した後に転入していることが条件です。

補助対象者の2つめは、子世帯が摂津市内に居住しており、元々市外に居住していた親や祖父母が、同居などを目的に市内の住宅をリフォーム、転入している場合です。

補助対象者の3つめは、親や祖父母と子世帯が近居した後に、新たに同居を目的として摂津市内の住宅をリフォームした場合です。

親等と子世帯が元々近居していた場合も、リフォームの完了後に転居していることが条件です。

補助対象者の4つめは、元々摂津市外に居住していた親等と子世帯の両方が、同居や近居を目的に、市内の住宅をリフォームし転入している場合です。

住宅リフォーム補助金の申請日に、子世帯および親等が補助対象の住宅に同居や近居していることと、住民登録していることが必要です。

補助対象住宅となるのは、建築基準を始め法令に基づいて適正に建築されている住宅です。

申請することなく増築が行われている違法建築は、補助金の対象にはなりません。

他にも、子か親等がリフォーム工事の契約を締結している住宅という条件があります。

建築基準法などの法令に基づき適正に実施されたリフォーム工事、合計で10万円以上かかったリフォーム工事などが補助対象工事となります。

親や祖父母と同居を考えている方や子世帯との同居や近居を考えている方は、費用負担を軽減できるので、検討してみてください。

住宅リフォーム補助金の補助対象となる工事は、増築や内装など住宅のリフォームに必要な幅広い種類の工事です。

具体的には、増築や改築、外装工事、内装工事、建具工事、設備工事、給排水工事の6種類の工事を対象としています。

外装工事とは、屋根、あまとい、柱、外壁などの修繕や塗装のことです。

内装工事とは、床、内壁、天井などの内装替え、畳の取り替えなどのことです。

残念ながら、すでに摂津市内で多世代の同居や近居を開始している場合は、リフォームをしても補助金の対象とはなりません。

住宅リフォーム補助金の申請方法

摂津市で住宅リフォーム補助金を受け取るには、建築課窓口に事前相談した上で申請することが必要です。

建築課窓口に事前相談する際には、申請書と必要書類も必要です。

住宅リフォーム補助金を申請する時には、申請書の他に子と親の親子関係を証明できる書類、市外に居住していたことを証明する書類、出産予定が分かる書類、市税の滞納をしていないことを証明する書類などが必要です。

出産予定が分かる書類は、子育て世代かつ子供の出産予定がある人が提出するものです。

リフォーム工事に関する書類で申請時に必要なのは、登記記録の全部事項証明書、契約書や領収書の原本、建築確認検査済証の原本、工事内容が確認できる平面図や立面図、工事した部分の施工前や施工後の状態が確認できる施工写真などの書類です。

住宅リフォーム補助金の申請で注意すること

住宅リフォーム補助金の申請は、先着順で受付します。

万が一申請期間内に予算額に達してしまった場合、補助金の申請受付が終了します。

不正に補助金の交付を受けた時や3年以内に居住をやめた時は、補助金を返還しなくてはなりません。

具志堅塗装は、摂津市密着の塗装店としてこだわりをもって仕事に取り組んでいます。

外壁や屋根のお悩みがある方は、ぜひ摂津市の具志堅塗装までお問合せください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カバー工法によるドアの取り替え工事のメリットとデメリット

  2. サイディングのチョーキングは塗り替えのサイン

  3. 吹田市の方は必見!低汚染塗料の特徴でこれで外壁塗装するメリット

PAGE TOP