外壁塗装なら摂津市、吹田市の具志堅塗装へ

メール 問合せ
電話 問合せ
ブログ

ラジカル制御塗料を丁寧に解説!

ラジカル制御塗料をわかりやすく解説!

ラジカル制御塗料というのは、塗料の中に化学物質を添付することによって、塗料の内部で起こる化学反応による経年劣化の進行を制御することを目指した塗料になっています。

このように化学物質を使って劣化を抑えるということを目指しているため、名前の通りで制御塗料と呼ばれています。

このラジカル塗料を使うことによって、施工後の最大のメリットとなることは太陽光や紫外線などによって引き起こされてしまう塗料の内部における劣化を抑えるということが挙げられます。

通常の塗料においては、どうしても太陽の光や夏場の高温、また梅雨時期の多湿な環境などによって、塗料の内部における劣化を加速させてしてしまうことが引き起こされるということがありました。

このラジカル塗料というのは、そういった劣化などを化学物質の働きによって低減させることができるため、施工現場ではとても広く使われている塗料になっています。

また、ラジカル制御塗料というのは、建物周辺の自然環境に配慮した塗料として設計されており、従来的な塗料に含まれている自然環境に悪い成分や化学物質などを事前に可能な限り除去もしくは低減した上で作られています。

そのため、施工する際にも有害な物質が外部に放出されることがほとんどないので、実際に工事を行う職人さんにとっても、とても安全な塗料になっています。

しかしながら、ラジカル制御塗料というのは、こうした環境面の配慮や職人さんの施工時の健康面への配慮などにも力を入れたため、ややほかのシリコン塗料などよりも高いというデメリットがあります。

ですが、業者によっては施工する際に多くのラジカル制御塗料を使うために一括で購入しているという場合もあるので、その際にはコストを比較的安く抑えることができるというケースもあります。

チョーキング現象に効果抜群!

塗装工事後においてとても問題されているのが、チョーキング現象というものです。

チョーキング現象というのは、せっかく塗装施工をしたのに、塗装した部分が白い粉を吹いて徐々にボロボロと崩れてしまうといった現象です。

このラジカル制御塗料は、そうしたチョーキング現象に対してとても効果のある塗料となっています。

それはラジカル制御塗料に含まれている成分が塗料の劣化などを未然に防いでいるためです。

チョーキング現象というのは、一般的に紫外線や雨などによって塗料の表面が劣化してしまうことで、引き起こされる劣化症状になっています。

そのため、こうしたラジカル制御塗料というのは、経年劣化を未然に防ぐという特性があるので、そうしたチョーキング現象に対しても効果的な対処法であると言えます。

ラジカル制御塗料がチョーキング現象を抑える具体的な仕組みについては、ラジカル制御塗料に含まれているラジカルという成分が太陽の光や紫外線などの外部的要因による他の物質と反応することによって、劣化を防止しているためです。

そして、このラジカルという物質がほかの物質と反応した際に活性酸素を発生させることによって、それがチョーキング現象を防いでくれるということになっています。

チョーキング現象の他にも、塗料が合わせてしまうことや色が消えてしまうということを未然に防いでくれるというメリットもあります。

そのため、現在の施工においてはラジカル制御塗料を使うということが比較的一般的になっています。

シリコン塗料との違いとは?

塗装工事においてはシリコン塗料と言われるものも比較的一般に使われています。

シリコントリオとラジカル制御塗料の違いについて、一般の人がなかなかわからないということもあるかもしれませんが、全く違う特性を持っていると言えます。

まず、前述したように、ラジカル制御塗料というのは、外壁材において外部的要因による有害物質などを分解することで塗料の経年劣化を防ぐことができるという特性を持っています。

一方でシリコン塗料についてはシリコン樹脂と呼ばれる樹脂成分を主成分としており、撥水性などにとても優れた塗料になっています。

また、塗料の弾力性についても異なっており、ラジカル制御塗料についてはかなり柔軟性を持った弾力皮膜になっています。

一方でシリコン塗料については比較的硬質な弾力皮膜になっています。

そのため、シリコン塗料については摩擦性等について比較的耐性が高いとされています。

ですが、この摩擦性が高いことによって、経年劣化が進むことによって割れやすいという部分もあります。

ラジカル制御塗料は具志堅塗装にお任せ!

具志堅塗装ではラジカル制御塗料を比較的工事などを使用しており、多数仕入れをしているため、基本的にシリコン塗料などと同程度のコストパフォーマンスを実現しています。

そのため、高価であるということは無いので、ラジカル制御塗料を使用した塗装を行いたい場合には、是非とも具志堅塗装までお気軽にお問い合わせください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カバー工法によるドアの取り替え工事のメリットとデメリット

  2. サイディングのチョーキングは塗り替えのサイン

  3. 吹田市の方は必見!低汚染塗料の特徴でこれで外壁塗装するメリット

PAGE TOP