外壁塗装なら摂津市、吹田市の具志堅塗装へ

メール 問合せ
電話 問合せ
ブログ

外壁のチョーキングとは?

こんにちは具志堅塗装です

外壁のチョーキングは、塗料表面が日光や気象条件の影響で徐々に劣化し、微細な粉末や粉状の物質が表面に発生する現象です。これは、主に外壁の塗料が酸化し、劣化することによって起こります。チョーキングが進むと、外壁の色褪せや見た目の悪化が顕著になります。

原因としては、紫外線、気温変化、風雨などの自然の要因が挙げられます。これにより、塗料中の顔料やバインダーが劣化し、微細な粉末が外壁表面に堆積します。

チョーキングの兆候としては、外壁が指で軽くなでるだけで手に白い粉がつくことや、色褪せが目立つことが挙げられます。

予防策としては、耐候性の高い塗料の選定や、適切な下地処理、定期的なメンテナンスが重要です。修復には、専用のクリーナーや再塗装が一般的に行われます。外壁のチョーキングには早期の対応が重要であり、専門家のアドバイスを仰ぐこともおすすめです。

外壁塗装 屋根塗装 シールなどでお困りの事がありましたら具志堅塗装へお問い合わせ下さい。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. カバー工法によるドアの取り替え工事のメリットとデメリット

  2. サイディングのチョーキングは塗り替えのサイン

  3. 吹田市の方は必見!低汚染塗料の特徴でこれで外壁塗装するメリット

PAGE TOP