外壁塗装なら摂津市、吹田市の具志堅塗装へ

メール 問合せ
電話 問合せ
屋根外壁塗装の事例

摂津市K様邸で屋根外壁塗装

施工前

施工後

お客様 摂津市K様邸
工事内容 屋根塗装、外壁塗装
使用した塗料 屋根:ファインシリコンベスト
外壁:オーデフレッシュsi
付帯部:ファインウレタン

施工ポイント

摂津市K様邸で屋根塗装、外壁塗装を行いました。

お客様からの質問で、塗替え時期や今必要かなど増えているので解説します。

屋根や外壁の塗装はなぜ必要なの?

屋根や外壁の塗装工事を見かけたことがある方は、多いのではないでしょうか。

なぜ定期的に塗装をする必要があるかというと、その理由は3つあります。

1つ目は、屋根や外壁を保護するため。

塗装すると、屋根や外壁の表面を塗料で覆うことになります。

この塗料でできた薄くて丈夫な膜が、屋根や外壁を保護します。

紫外線や雨水による劣化や浸水を防ぎ、大切な住宅を守るために、塗装は欠かせないものです。

2つ目は、美しい外観にするため。

塗料は屋根や外壁に色を付けるだけでなく、ツヤや立体感を与えます。

建ててから年数が経った住宅も塗装し直すことで、新築のような美しい外観がよみがえります。

3つ目は、機能性を高めるため。

様々な機能性を持たせた塗料が増えています。

風通しの良くない立地にある住宅には、防カビ・防藻性のある塗料が効果的です。

夏の暑さ対策に屋根に断熱・遮熱性のある塗装をすれば、エアコン代に差が出ます。

外壁の塗装はどのようにするの?

外壁塗装には、3つの方法があります。

1つ目は、ローラー塗り。

塗装工事現場で最も行われている方法です。

ローラーを使用することで作業効率が良くなり、広範囲であっても短時間で施工することができます。

使用するローラーには、素材や毛足の長さが異なる様々な種類があります。

職人は外壁の種類に合わせて、ローラーを使い分けています。

塗料を無駄なく使用できますが、細かい部分には向きません。

2つ目は、刷毛塗り。

細かい部分やローラー塗りで塗り残した部分を塗るのに適しています。

ただし、職人の技術によって仕上がりに差が出ることも。

熟練の職人の施工は、ムラのない均一で美しい仕上がりです。

3つ目は、スプレー塗装。

塗料をスプレーで吹きつける機械を用いる方法です。

ローラー塗りよりも短時間で施工することができます。

ランダムに吹きつけることによって、独特の風合いにするのも人気です。

しかし、この方法は塗料を霧状にするため、ローラーや刷毛塗りとは比較にならないくらい飛び散ります。

そのため、塗装工事中に機械による騒音が発生するだけでなく、塗料のニオイが拡散しやすく、工事期間中はご近所に気を遣ってしまうことも。

飛び散ってしまう分、塗料の無駄が多くなるので、塗料代もかさみます。

具志堅塗装では、熟練の職人たちが塗装させていただきます。

そろそろ塗替えをご検討なら、摂津市の具志堅塗装までお気軽にご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カバー工法によるドアの取り替え工事のメリットとデメリット

  2. サイディングのチョーキングは塗り替えのサイン

  3. 吹田市の方は必見!低汚染塗料の特徴でこれで外壁塗装するメリット

PAGE TOP