外壁塗装なら摂津市、吹田市の具志堅塗装へ

メール 問合せ
電話 問合せ
屋根外壁塗装の事例

摂津市F様邸で外壁塗装

施工前

施工後

お客様 摂津市F様邸
工事内容 外壁塗装
使用した塗料 外壁 パーフェクトトップ
付帯部 ファインウレタン

施工ポイント

摂津市F様邸で外壁塗装を行いました。

今回F様は、外壁のひび割れが気になり雨水で外壁から雨漏りしないかお問い合わせしていただきました。

「雨漏り」と言うと、屋根から漏れてきた雨水が天井からポタポタと落ちてくるイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、住宅内で雨漏りが発生する場所は、屋根だけではありません。

「屋根」の他にも、「外壁」「ベランダ」も雨漏りが発生しやすい場所です。

それぞれの場所によって、雨漏りの原因は異なります。

屋根からの雨漏りの原因には、4つが考えられます。

1つ目は、屋根材の経年劣化。

使用されている屋根材によって異なりますが、コロニアルを使用している場合では、劣化すると雨水を吸収するようになり、最終的には雨漏りします。

2つ目は、屋根材のひび割れ。

地震などで屋根にひび割れが生じると、そこから浸水してきます。

3つ目は、屋根材がずれたり浮くこと。

地震や台風などでずれや浮きが生じた部分から浸水します。

4つ目は、板金の浮き。

板金とは、屋根材を敷いた後にしっかりと固定するために設置する金属の板のことです。

瓦屋根の場合は、板金を使用せず代わりにレンガを用います。

この板金が浮くと、ただちに浸水します。

外壁からの雨漏りの原因は、2つあります。

まず、外壁のひび割れ。

髪の毛のような細かいひび割れであれば、雨漏りに繋がるほど浸水してくることはありません。

しかし、幅が3ミリ以上にもなるひび割れを放置していると、外壁内部まで浸水し腐食する可能性があります。

次に、コーキングの劣化。

コーキングとは、外壁材の繋ぎ目などを充填するために施してあるもののことです。

外壁材自体は丈夫なものを使用していても、コーキングが劣化することによってその部分からもろくなり、ひび割れや剥がれが生じることがあります。

そうすると、浸水し始めます。

ベランダの雨漏りの原因は、2つあります。

まず、ベランダ床面の防水層の劣化。

ベランダの床面は、風雨にさらされ日光にもよく当たるため意外と劣化しやすい部分です。

床面の防水シートや防水塗装などが経年劣化すると、ひび割れや剥がれが生じ、そこから浸水します。

次に、排水溝の劣化や詰まり。

排水溝の経年劣化によって、ベランダの床面との隙間ができると、そこから浸水します。

また、ベランダは掃除が行き届きにくい場所。

知らない間にベランダに降り積もった落ち葉などが排水溝を詰まらせている場合は、要注意です。

雨水が溢れて、防水層を超えると浸水します。

外壁のひび割れが気なったら、具志堅塗装までお気軽にご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カバー工法によるドアの取り替え工事のメリットとデメリット

  2. サイディングのチョーキングは塗り替えのサイン

  3. 吹田市の方は必見!低汚染塗料の特徴でこれで外壁塗装するメリット

PAGE TOP