外壁塗装なら摂津市、吹田市の具志堅塗装へ

メール 問合せ
電話 問合せ
ブログ

外壁や屋根の塗装は3回塗りが基本!理由と注意点を紹介

3回塗りをする理由とは

外壁や屋根を塗装する際は、塗膜の性能を発揮するためにも塗る回数を守ることが必要です。

塗装回数が1回や2回でも問題ないと考える方もおられるでしょう。

反対に4回、5回と多く塗れば塗るほど耐久性が上がると考える人もいるでしょう。

しかし、適切な回数を守らずに塗装してしまうと、塗料が固まって膜になった塗膜がはがれる、もしくは耐久性が低くなることがあります。

適切な品質を保つためには、決まった回数を守ることが重要です。

塗装の工程は下塗り、中塗り、上塗りの3つに分かれており、それぞれの工程に意味があります。

下塗りをする目的は、その後の中塗りと上塗りする塗料の密着性を高め、塗装面をきれいに整えるためです。

下塗りが十分に行われていない場合に塗装が剥がれやすくなるので、しっかりと下塗りをすることが重要です。

他にも、下塗りをするのには目的があり、劣化した外壁に中塗りや上塗りが吸い込まれるのを防ぐために役立ちます。

下塗りをすることで、塗装に厚みを出すことが可能です。

下塗り後には乾燥をしっかりと行い、中塗りをします。

中塗りをする目的は、塗膜の厚みを確保することと、平らな下地を作ることです。

塗膜の厚みを十分に確保できていない場合、劣化を早めてしまうリスクがあります。

外壁塗装に十分な厚みを確保することで、耐久性が高められるでしょう。

また、中塗りの色を上塗りと変えることで、上塗りをする際の塗り忘れを防ぐことが可能です。

中塗りと上塗りの色を変えることには、仕上がりが悪くなる、塗膜の劣化が早くなるなどのデメリットもあることを知っておきましょう。

下塗りと中塗りもしくは上塗り1回目が終わった後は、上塗りをします。

上塗りする目的は、塗装に厚みを出すことと、防水性を高めることです。

上塗りには中塗りと同じ塗料が使用されますが、同じ塗料を2回塗ることでムラがなくなり、紫外線や雨にも強くなります。

外壁や屋根を塗装する際の注意点

外壁や屋根を塗装する回数は下塗り、中塗り、上塗りの3回であると紹介しましたが、3回以上塗装する場合もあります。

壁や屋根の劣化が進んでいる場合や、塗料メーカーの規定で3回以上塗ることが決められている場合は、3回以上塗料を塗ります。

劣化が進み下地が傷んでいる時やサビが発生している箇所には、下塗りを2回実施します。

外壁や屋根に使用する塗料の使用量や回数は、商品によって異なります。

そのため、使用するメーカーによっては3回以上塗る必要があるのです。

塗る回数は各メーカーの公式ホームページや塗料パンフレットで見ることができるので、興味があれば確認してみてください。

他にも、3回以上塗る工法があり、複層弾性仕上げや目地張り付け仕上げなどが該当します。

これらの工法は機能面やデザイン面で優れており、5回以上塗装することもあります。

外壁や屋根の塗装回数は、多ければいいというものではないことにも注意が必要です。

本来3回塗りをする塗料を5回塗ったからといって耐久性が上がる訳でもなければ、塗装がはがれなくなる訳でもありません。

むしろ規定の回数より多く塗ることで、塗膜が機能しなくなる可能性もあります。

外壁や屋根の塗装回数は、少なすぎても効果を発揮できません。

塗装回数が少ないことで、少ない塗料で済む、もしくは人手がいらないなどのメリットがあるかもしれません。

しかし、規定の回数より少ない場合、塗装後にできる膜がすぐに剥がれることや、本来の耐久年数を維持できないという事態が起こりかねません。

回数を少なくしその分厚めに塗ることで、表面を均一にできない、穴があいてしまうことも起こりかねません。

外壁や屋根の塗装工事が早く終わると嬉しいかもしれませんが、早すぎる場合は注意が必要です。

悪質な業者を見極めるには、3回塗りにかかる期間も知っておくことが欠かせません。

一般的には乾燥させる期間も含めると、6日以上かかります。

前の工程で塗った塗料がしっかり乾燥してから次の工程に進むことが重要です。

2回塗りをする場合もある

外壁や屋根は3回塗りが基本で、塗料や壁の状態によっては3回以上塗ることを紹介しましたが、2回塗りでも問題ない場合もあります。

クリヤー塗装という方法で塗る場合は、下塗りが必要ないため2回塗りになります。

クリヤー塗装とは無色透明な塗料を用いる方法のことで、元々の住宅のデザインを残すために使用されます。

新築から10年未満、外壁の表面に劣化や汚れが少ない、ダブルトーン工法で仕上げ塗装している物件以外では施工できません。

クリヤー塗装以外の場合は、3回以上塗るのが基本なので、他の工法で2回しか塗らない場合は注意が必要です。

外壁塗装の業者は複数あるので、どこに依頼すればいいか迷うことでしょう。

外壁や屋根の塗装のことで悩んでいることがあれば、お気軽に摂津市の具志堅塗装にお問い合わせください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カバー工法によるドアの取り替え工事のメリットとデメリット

  2. サイディングのチョーキングは塗り替えのサイン

  3. 吹田市の方は必見!低汚染塗料の特徴でこれで外壁塗装するメリット

PAGE TOP